投資で収益を得る|建物の任意売却を叶えるなら強力サポーターを|希望する額へ近づける

建物の任意売却を叶えるなら強力サポーターを|希望する額へ近づける

投資で収益を得る

つみき

長期保有が好まれてきました

中古ワンルームマンション等の賃貸物件を保有して資産運用をする人が増えています。以前は賃貸物件に限らず、不動産を短期間で売買する人が多かったですが、バブルの崩壊を受け、インカムゲインを基準とした利回りに魅力が出てきて、無理して売買するよりも長期保有して安定収入を確保するという選択肢の方が好まれるようになってきました。また、最近ではデフレーションから抜け出し、インフレーションに突入しつつあるので、インフレーションに対応した資産を保有することで資産の目減りを防ごうとする理由から、賃貸物件を保有する人たちも現れています。不動産会社もこれに対応し、売買での仲介手数料よりも賃貸管理手数料で収益を確保しようとしています。

賃貸ニーズが強くなる可能性もあります

今後もこのような流れはしばらく続くと考えられます。時代が変わり、終身雇用が前提ではなくなった生活においては自分で給料とは別の収入を作っておく必要があるからです。株式の場合には景気の影響を受けやすく、景気が低迷している時に配当もなくなり、仕事もなくなるという危険性があります。これが賃貸物件を保有している場合には、景気が悪くなっても、入居者がいる限り家賃がなくなってしまうということはありません。今、優良な物件は市場に出回る前になくなってしまいます。それほど人気が高いということです。海外からの移住者受け入れが緩和されれば、住居に対するニーズも強くなり、賃貸物件の市場はますます逼迫することが予想されます。