交渉で安くする|建物の任意売却を叶えるなら強力サポーターを|希望する額へ近づける

建物の任意売却を叶えるなら強力サポーターを|希望する額へ近づける

交渉で安くする

住宅模型

不動産購入のための交渉

不動産取引を行う場合、提示された金額が正しいとは限りません。提示額はあくまで、売主の売買希望価格ですから、オークションで言うところの即落価格です。それ以下の金額では売らないという頑なな売り主もいるかもしれませんが、多くの売り主は交渉の余地があります。不動産価格に決まったものはありません。時代とともに大きく変動するのが不動産価格ですから、言い値で買う必要はありません。ただ、不動産は他に替りがありませんから、標準的な価格がないのも事実です。信じられないような高値が付いている場合もあれば、二束三文で売りに出されている場合もあります。要は需要と供給のバランスですので、提示額にこだわらず、交渉を行うことが必要です。

対象物件の実態をチェックする

不動産の価格は様々なことで決まりますが、基本的には取引事例が大きな影響を持ちます。直近の取引事例を参考に、売る側も買う側も価格を検討します。後は、実際の対象物件がどのような実態であるかによって、プラスやマイナスをすることになります。その際に重要なことは、どのような場合に土地の価格が上がったり下がったりするかを知っておくことです。南向きの土地がいいと言われたり、角地がいいと言われたりしますが、それだけが条件ではありません。土地が面している道路の広さも重要ですし、土地の形も大切です。狭すぎてもいけませんし、広すぎる土地も単価が下がります。高低差は高い方が単価が上がります。さらに、土地がすぐに使えるような状況かどうかも重要です。