物件の売買を行う|建物の任意売却を叶えるなら強力サポーターを|希望する額へ近づける

建物の任意売却を叶えるなら強力サポーターを|希望する額へ近づける

物件の売買を行う

メンズ

坪単価100万円を超すところもあります

郊外に不動産を保有しているのであれば思い切って売却してしまうのも1つの戦略です。そして売却して得た資金で都市部の不動産を購入するのです。これから不動産価格は二極化していきます。都市部から離れれば離れるほど、価格は安くなっていきます。中には坪数万円で購入できるエリアもあります。こういうエリアは今後も価格が下がり続けることが予想されています。一方で都市部は坪100万円を超えるところも多数あります。これらのエリアはこれから不動産価格が上昇に転じ、さらに上昇を続けるものと予想されています。この違いは人口にあります。人口が増えているエリアは不動産の価値も上がり、人口が減少しているエリアは不動産の価値も下がっていくのです。

副収入を得て快適に暮らそう

都市部に投資資金が集中されるため、不動産価格が急に上昇する局面もあり得ます。この時には焦らずに、その後の相場が落ち着いたタイミングで購入を進めましょう。郊外の不動産を都市部の賃貸物件などに換えて賃貸収入が発生する形にすれば、副収入も得られます。固定資産税だけ払い続けていた日々から抜け出すことができ、ゆとりある生活を手にすることができます。現在、都市部では築浅の中古ワンルームマンションだと2000万円前後が相場となってきています。利回りを考えるとしばらくは今の価格水準で落ち着くと考えられますが、住宅家賃が上昇してきた段階では、もう一段と価格が上昇することが見込まれます。本格的なインフレーションがやってくる前に都市部の不動産を持ちましょう。